三菱UFJ銀行カードローンバンクイックで融資を受ける方法

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックでお金を借りたい人のため、金利や限度額、審査申込の流れや借入条件をまとめました。即日融資の可否や在籍確認を省略できるかなど、気になるところも見ていきましょう。

いろいろな金融機関がカードローンを扱っていて、選択肢が無数にある時代だからこそ、自分に合う商品選びが大切です。「こんなはずでは」ということにならないように、正しい知識を身に付けましょう。


三菱UFJ銀行カードローン バンクイック基本情報

まず、三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの基本情報を見ておきましょう。バンクイックは、専用カードが発行されて、コンビニや銀行のATMから自由に借入・返済できる商品です。貸付利率、限度額など基本的なスペックは、以下のように決まっています。

限度額 10万円~500万円
資金使途 事業性資金を除き、自由
利用期間 1年ごと審査のうえで自動更新
貸付利率 変動金利 年1.8%~年14.6% ※利用限度額に応じて審査により決定
担保・保証人 不要 ※保証会社アコムの保証を利用
手数料 不要

 

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの利用資格

バンクイックで融資を受けるには、以下4つの条件を満たす必要があります。

1. 年齢が満20歳以上65歳未満であること
2. 国内に居住している個人もしくは永住許可を受けている外国人
3. 保証会社アコムの保証を受けられること
4. 原則安定した収入があること

4つの条件をクリアできれば、パートや派遣社員、契約社員でも審査通過のチャンスはあります。年金の繰上げ支給を受けている65歳未満の高齢者も大丈夫です。

三菱UFJ銀行に口座を持っていなくても問題なく、契約後に口座開設する必要もありません。ただし、三菱UFJ銀行に口座がないと振込融資を受けられず、不便を感じることはあります。振込融資を受けられないとATMまで足を運ぶ必要があるので、用途に合わせた選択が必要です。自宅にいながら融資を受けたい人だと、実質的には口座開設必須ということになります。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックは即日融資を受けられる?

バンクイックは、即日融資を受けられません。審査結果をもらえるのは、最短で申込翌営業日とされています。これは三菱UFJ銀行に限ったことではなくて、法令遵守で営業している銀行共通のルールです。

2018年1月から、暴力団や反社会派組織との取引を避けるため、警察庁のデータベースを通した確認作業を行うルールになっています。

この確認作業が即日では終わらないため、どんな申込手段をとったとしても、当日の借入は一切不可。即日融資にこだわる人は、グループ会社のアコムなどを検討してください。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 審査申込み方法・融資までの流れ

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの審査申込方法は、インターネット・テレビ窓口・電話の3種類から選択できます。それぞれの審査申込方法のメリットと特徴を簡単に見ておきましょう。

・インターネットでバンクイックに申し込む
パソコンやスマートフォンから、三菱UFJ銀行公式ホームページにアクセスして、申込する方法です。スマートフォンなら、アプリからでも手続きできます。24時間好きなときに申込できることから、日中は忙しい人におすすめです。

・テレビ窓口でバンクイックに申し込む
三菱UFJ銀行に設置されているテレビ窓口で申込む方式です。銀行の窓口とは違って自動契約機のような形式なので、土日・祝日利用可能店舗を選べば、平日以外にも手続きできます。

運転免許証を持参すればその場でカード発行を受けられますが、お金が手に入るのは審査結果が出た後です。カードの受取だけでも急ぎで進めたい人には非常に適した方法でしょう。

・電話でバンクイックに申し込む
バンクイックのオペレーターと話しをしながら申込手続きを進める方法です。不安なところを確認し、そのまま申込まで行いたい人にはおすすめできます。

なお、書類提出は、WEBへのアップロード・郵送・FAXのいずれかによる対応が必要です。電話だけで完結するわけではなく、ほかの手段の併用が求められます。

方法別の申込手順は、ここからくわしく見ていきます。選んだ方法の部分だけでもかまいませんので、ひと通り目を通してください。

インターネットでバンクイックに申し込む

1.申込
三菱UFJ銀行公式ホームページにアクセスして「お申し込みはこちら」を選択、表示される注意事項をよく読みます。「同意して入力画面へ」をクリックすると「ご利用いただける方」として基本スペックの確認が表示されるはず。

上で紹介している4つの利用資格を満たす人でないと入力作業が無駄になってしまうため、事前に聞いておく配慮です。

次のページがようやく情報入力画面。本人情報や勤務先情報、他社借入といったお決まりの項目以外にも、返済方法・返済期日、カードの受取方法など、かなり細かい指定が含まれます。質問項目が多くて大変ですが、すべてを入力して送信しましょう。

きちんと送信できたことは「受付完了のお知らせ」メールが届いたことで確認できます。このメールは確認用として自動送信されているだけなので、ここから審査開始です。

2.審査
送信した情報をもとに仮審査を行います。仮審査の結果は、メールもしくは電話による通知です。結果の連絡が来るときに、契約可否だけでなく利用限度額も通知されます。

3.書類提出
バンクイックの本審査を受けるには、書類提出が必要です。本人確認書と収入証明書(必要な人だけ)をWEBアップロードもしくはFAXから提出します。急ぎではない人は、郵送でも大丈夫です。書類提出と併行して在籍確認が行われ、追加の情報をもとにした本審査に入ります。

4.カードの受取・契約手続き
三菱UFJ銀行から、本審査通過の返事が来たら、カードの受取および契約手続きを行ってください。カードの受取方法は、テレビ窓口もしくは郵送です。好きな方法を選択できるわけではなくて、申込フォームで選択した内容に従います。少しでも早くカードがほしい人だったら、テレビ窓口を選択するのがおすすめです。

テレビ窓口でバンクイックに申し込む

1.申込
全国に629件あるテレビ窓口設置店舗から最寄りの場所を探します。三菱UFJ銀行ならどこでもよいわけではないので、ご注意ください。

三菱UFJ銀行 テレビ窓口設置店舗

窓口の受付時間は、以下のようになっています。昼過ぎや夕方以降は混み合うことも多いため、早めの訪問がおすすめです。

平日 9:00~20:00
土曜日・祝日 10:00~18:00
日曜日 10:00~17:00

 

店舗によっては営業時間が異なる可能性もありますから、場所を調べた際に確認しましょう。持ち物は、本人確認書類・収入証明書(50万円超を希望する人だけ)です。申込書の中で会社の住所・電話番号・社員数・入社年月を聞かれるため、勤務先情報をメモしたものも持っていきます。

三菱UFJ銀行「テレビ窓口」のブースに入った後は画面の指示に従えばよく、難しいことはありません。分からないことがあったら電話で相談できるので、はじめてカードローンに申込む人でも安心です。

2.カードの受取
ここまでが当日行う作業です。運転免許証を持参した場合はカードを受取り、手続きは終わり。カードの発行を審査結果が出た後に回すこともできますが、もう1回店舗に行くもしくは郵送を待つ必要があって、二度手間です。どうしても受け取れない人以外は、カード発行まで終わらせることをおすすめします。

この後の流れは、インターネット申込とほぼ同じです。本審査を経て、三菱UFJ銀行から「契約可能」の返事がもらえたら、契約手続きを行います。

審査結果が出たらすぐ、前もって受け取っていたカードを融資可能です。三菱UFJ銀行まで行かなくても、コンビニATMから現金を引き出せます。

電話でバンクイックに申し込む

電話からの申込は、平日9時から21時、土・日・祝日は17時まで受付けてくれます。携帯電話からも受付できるフリーダイヤルなので、通話料はかかりません。申込後の流れはほかの方法と同様なので、ここでは割愛いたします。申込後に何度もメールを確認したりスマホやパソコンからたくさん情報を入力したりするのが面倒な人にとってはとても便利な方法でしょう。

バンクイック 審査時に必要な書類

三菱UFJ銀行バンクイックの審査を受けるためには、本人確認書類が必要です。以下の中からいずれか1点を準備しましょう。

・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・個人番号カード

50万円超を希望する人だと、収入証明書の提出も必要です。公式ホームページでは、以下4つの書類のうちいずれかで対応するように書かれています。

・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・納税証明書その1・その2(個人事業者の方)
・確定申告書第1表・第2表

引用: http://www.bk.mufg.jp/kariru/card/banquic/moushikomi.html

バンクイックの審査時には在籍確認がある?

三菱UFJ銀行バンクイックでは、在籍確認が必要です。相談窓口に電話をして聞いてみたのですが「申し訳ございません。必ずお電話をさせて頂くことになっていて、代替手段による確認はいたしかねます」ということでした。

やさしい口調でしたが、はっきり言い切っていたことから「相談次第で何とかなる」という問題ではないように感じます。「会社に連絡が来るのはどうしてもイヤ」といった事情があれば、他社を検討してください。

SMBCモビットのWEB完結申込みなら、電話連絡ナシでカードローンに申し込むことができます。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの借入方法

三菱UFJ銀行に口座があれば、振込融資もしくはATMからの融資のどちらかを選択できます。口座がない人は、ATMからの借入だけしか使えません。

どちらを選択したとしても手数料はかからず、取引コスト0円が大きな強み。限度額の範囲なら自由に借入できるため、必要な都度・必要な金額だけを借りることにより、使い過ぎを抑制できます。

バンクイックの振込融資

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックから振込融資を受けるためには、インターネット上の会員ページとEメールサービス(返済期日を教えてくれる通知サービス)への登録が必要です。

振込先の口座は、本人名義の三菱UFJ銀行・普通預金口座に制限されます。初回利用はやや時間がかかるケースもあるので、早めに手続きしてください。

振込依頼は、電話もしくは会員ページから行えます。1万円単位・限度額の範囲で希望額を伝えて、口座への反映を待ちましょう。振込融資を選択する場合の注意事項は、2つあります。

・土日祝日の振込依頼は翌営業日の反映になる
・平日14時以降の振込依頼は翌営業日9時頃に反映される

三菱UFJ銀行内のお金のやり取りで完結するとはいっても、いつでも好きなときに振込を受けられるわけではありません。「今日中に何としてでもお金が必要」など本当に急ぎの場合は、ATMを使いましょう。

バンクイックのATM融資

バンクイックカードを持って、三菱UFJ銀行もしくはセブンイレブン・ローソン・ファミリーマートなどのATMに出向き、お金を引き出す方法です。ATMを利用できる時間帯は、以下のように決まっています。

ご利用いただける時間帯:0:10~23:50
※毎週月曜日の1:00~5:00、毎月第2土曜日の21:00~翌朝7:00を除く

引用:http://www.bk.mufg.jp/kariru/card/banquic/riyo.html

指定のATMに行ったら「お引き出し」もしくは「お借り入れ」を押した後にバンクイックカードを入れるだけで、すぐにお金を借りることができます。

振込融資とは違って1,000円単位で借り入れできるので、必要な都度の取引がおすすめ。自分のキャッシュカードを使って引き出している感覚になりやすいため、借入残高を常に把握し、使い過ぎを抑制しましょう。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの返済方法

返済方法は、三菱UFJ銀行口座からの自動支払い・ATM・振込返済と3種類から選択できます。どの方法を選択した場合も、返済手数料はかかりません。各方法の手続きや返済手順を簡単に見ておきましょう。

三菱UFJ銀行口座からの自動支払い

自動支払いとは、銀行口座から自動的に支払いを行い、返済を進めていく方法です。自動支払いを行うためには、カードを発行したときに受け取った「自動支払依頼書」を記入、提出してください。自動支払依頼書は以下のページからダウンロードできるので、契約時の書類を捨ててしまった人も大丈夫です。

自動支払依頼書(三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」用)

依頼書を提出してから1週間程度で手続きが終わり、自動支払いが始まります。タイミングによっては返済日に間に合わないリスクがあるため、いつから使えるようになるかを確認のうえ、活用しましょう。

ATMから三菱UFJ銀行に返済

返済に使えるATMは、借入と同じです。コンビニや三菱UFJ銀行のATMまで出向き、バンクイックカードを挿入して、手続きしましょう。借入のときと同じように手数料はかからず、夜間や早朝でも返済できます。メンテナンス時間だけ意識して、遅れないように気をつけましょう。

三菱UFJ銀行に振込返済

三菱UFJ銀行のインターネットバンキング「三菱UFJダイレクト」を利用して、返済する方法です。口座を持っているのにインターネットバンキングを使っていない人は、以下いずれかの方法で手続きしましょう。

・インターネット
・コールセンター
・最寄の支店窓口
・郵送

引用:https://faq01.bk.mufg.jp/faq/show/47?category_id=53

振込先口座は、バンクイックの会員ページから確認できます。返済手数料はもちろんかからず、自宅にいながら返済できるので、忙しい人にはおすすめです。振込返済の場合は返済額を自分で確認、決まった金額以上を送らないと返済した扱いにならないため、会員ページで調べてから返済ください。返済額に満たない場合は臨時返済扱いとなり、期日までにあらためて入金しないと、支払い遅延になってしまいます。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックのメリットは?

ここまで紹介した内容のまとめとして、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」のメリットをまとめました。どんな人におすすめしたいカードローンかにも触れつつ、詳細を見ていきましょう。

バンクイックは消費者金融と比較して低金利

バンクイックの金利水準は、限度額に応じて段階的に設定されます。利用限度額が大きくなるほどよい条件で利用ができ、金利負担が軽くなる仕組みです。

利用限度額 借入利率
500万円以下 400万円超 年1.8%~年6.1%
400万円以下 300万円超 年6.1%~年7.6%
300万円以下 200万円超 年7.6%~年10.6%
200万円以下 100万円超 年10.6%~年13.6%
100万円以下 10万円以上 年13.6%~年14.6%

 
大手消費者金融は最高金利18.0%が平均的な水準ですから、バンクイックが圧倒的に有利。

初回の審査では「100万円以下 10万円以上」のところに該当する可能性が高いのですが、増額申請が通ってたくさんお金を借りる際には上のステージになって、より低金利にできるかもしれません。少しでも有利にお金を借りたい人にとっては、魅力的な会社でしょう。

最小返済額が低くて無理なく返せる

最小返済額とは、毎月の返済で「○円以上は払ってください」という約束の中で「○円」にあたる金額を指しています。バンクイックはこの設定が比較的良心的。少額ずつを無理なく返していきたい人には、とてもうれしいルールでしょう。ここで、最小返済額の具体的な数字を公式ホームペー

借入残高 毎月の最小返済額
10万円以下 2,000円
10万円超~20万円以下 4,000円
20万円超~30万円以下 6,000円
30万円超~40万円以下 8,000円
40万円超 借入残高が10万円増すごとに+2,000円

※平成25年3月25日以降に契約・利率8.1%超15%未満の場合

引用:http://www.bk.mufg.jp/kariru/card/banquic/shosai/index.html

最小返済額を4,000円にしているところは、大手消費者金融にもたくさんあります。同じメガバンクで見ると、みずほ銀行カードローンは最低1万円からの返済です。最小返済額2,000円というのはかなり低く、返済遅延を起こしにくいカードローンと考えられます。

Eメールによる返済サポート

「飛行機の事前メール、ありがたいですよね」というCMで大々的にうたっていたのがこのサービス。返済期日の前にメールを送ってくれるので「返済日を忘れがち」という人でも安心です。

バンクイックの返済日は、とくに指定がない限り「35日ごと」とされています。毎月指定日と比較して返済忘れが起こりやすく、注意しないと危険です。

返済サポートを活用すれば、返済期日の3営業日前にアラートが来るから、スケジュール管理が苦手な人でも遅延リスクを軽減できます。返済に遅れてしまったときは翌営業日に通知が来るので、できるだけ早く対応しましょう。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックのデメリットは?

メガバンクの安心感や知名度から初心者向けのカードローンと思われがちなバンクイック。申込前に知っておきたいデメリットが2つあります。

実質的な金利負担が重くなるかも

バンクイックの金利が他社より良心的な水準なのはメリットで見た通りです。最小返済額が低くて無理なく返済できることもメリットで見てきました。

実はここに落とし穴があって、低金利×最小返済額が低いことと2つのメリットが影響し合うと、思わぬデメリットが生じます。

すべての返済期間を通して支払い利息を計算すると、他社より不利になるリスクがあることです。論より証拠で、具体的な数字を使って見てみましょう。バンクイックとアコムで30万円を借りた場合のシミュレーション結果を比較しました。

◎バンクイック

シミュレーション条件 年14.6%・60回返済
1回あたりの返済額 7,074円
総返済額 424,410円
支払い利息累計 124,410円

 

◎アコム

シミュレーション条件 年18.0%・46回返済
1回あたりの返済額 9,075円
総返済額 417,443円
支払い利息累計 117,443円

 

バンクイックの方が3%以上も貸付利率が低いのに総返済額が多くなって、約7,000円損することになってしまいます。

最小返済額が小さいことに油断して返済回数を増やしてしまうとなかなか完済できないうえ、損するリスクが高くなるということです。

このカラクリを理解してもなお毎月の返済額を少なくして、無理なく返していく道を選択した人はよいのですが、安易な判断は禁物です。可能な限りは少ない返済回数で、早期完済を目指しましょう。

バンクイックは審査難易度が高め、柔軟対応も期待しにくい

金融庁が銀行のカードローンに対する監視の目を強めたことに起因して、全体的な審査難易度が上がっています。

バンクイックも例外ではなく、返済能力を超えた借入は厳しく制限されるものと考えるのが自然です。他行・貸金業者からの借入を含めて無理がない融資上限枠を設定する動きもあり、高額融資も受けにくい状況と考えられます。

不謹慎なたとえですが、上司から仕事のミスを指摘されてしばらくは監視の目がこわくて、いつも以上にがんばりますよね。

銀行の場合は監視担当者が全国銀行協会や金融庁にあたるため、より事態が深刻です。疑わしい態度を少しでも見せれば信用に関わるので、安全圏の対応しかできなくなります。

バンクイックに申込をするなら、信用力に問題ないことが条件です。不安要素がある人は無理をせず、他社への申込を検討しましょう。

このページの先頭へ