ライフティで即日融資 審査申込み~借入までの流れ

35日間の無利息サービスを提供しているライフティは、キャッシングカードが発行され、セブン銀行ATMからの入出金も可能となるなど、中堅の消費者金融でありながらも、大手消費者金融に引けを取らないサービスが人気です。

ライフティは審査にも柔軟性があるため、大手消費者金融の審査が不安だという場合は、ライフティお金を借りてみてもいいのではないでしょうか。

今回はライフティの金利や限度額、審査から借入までの流れ、即日融資を受ける方法、ライフティでお金を借りるメリット・デメリットなどについて解説します。


ライフティってどんな消費者金融会社?

中堅の消費者金融「ライフティ株式会社」は1991年に創業した貸金業者です。

ライフティという名前の由来は「RISE YOURSELF WITH SAFTY」から来ています。

つまり、顧客の安心と利便性を追求し、仲間とともに常に挑戦し続けるという経営理念を表すのが、「RYFETY(ライフティ)」なのです。

その名前の通り、2014年に「ライフティ」に商号変更してから、様々なサービスを開始し、利便性向上に力を入れてきました。

そのサービス内容は、大手消費者金融に少しも引けを取らないものとなっていて、ホームページも充実したものになっているため、中堅の中でもライフティは人気が高いと言えるでしょう。

特に注目したいのは以下のようなサービスです。

・初回借り入れ日の翌日から35日間利息0円サービス(初回契約時限定)
・24時間365日、インターネットからの申し込み可能。
・融資は1,000円から可能。
・振り込みによる即日融資も可能。
・キャッシングカードを発行し、カードローンのような入出金が可能。
・全国のセブン銀行ATMから入出金可能。
・貸金業法に基づくおまとめローンも用意。

アコムプロミスなど無利息サービスを提供している大手消費者金融はいくつかありますが、期間を30日間と定めているケースがほとんどですね。

しかしライフティはさらに5日長い35日間の無利息期間となっています。

また、1,000円からの少額融資や急ぎの場合の即日融資にも対応していて、さらに振り込みだけではなく、セブン銀行ATMからも引き出せるカードローン方式となっています。

セブン銀行は、セブンイレブンなど日本全国どこにでもあるため、どこにお住いの方でも借入・返済しやすいですね。

また、ライフティは貸金業だけではなく、クレジットやファクタリング事業も手掛けています。

どの事業もそれぞれ顧客の利便性を追求しさらなる挑戦を続けているため、ライフティは今後の発展が楽しみな会社と言えるでしょう。

ライフティ 基本情報

ライフティの貸金事業ではフリーキャッシングの他、貸金業法に基づくおまとめローンも提供しています。まずはそれぞれの金利や限度額、担保・保証人など基本的な情報について見ていきましょう。

金利(実質年率) 8.0%~20.0%(キャッシング)
8.0%~18.0%(貸金業法に基づくおまとめローン)
限度額 1,000円~500万円(キャッシング)
300万円(貸金業法に基づくおまとめローン)
担保 不要
保証人 不要
審査時間 即日~数日(申し込む方の状況により変動)
資金使途 原則自由(フリーキャッシング)
他の貸金業者の借り換え(貸金業法に基づくおまとめローン)
貸金業登録番号 東京都知事(5)第28992号
日本貸金業協会 第005552号

 

ライフティは即日融資可能?

ライフティはインターネットから24時間申し込み可能で、急いでいる場合は、振り込みによる即日融資も可能です。

ただし、即日融資は以下のような条件をクリアした場合に限ります。

<即日融資の条件>
・平日の13時までに申し込み手続きを完了していること。
・審査がスムーズに進み、問題なく通過できること。
・銀行窓口が開いている間に振り込みまでの全ての手続きが完了していること。

ライフティでは、公式サイトでも「最短30分で審査完了!当日13時までの申し込みで即日融資可能」と宣伝していますが、契約関係書類を郵送でやり取りし、確認が取れた後に融資というのが本来のスタイルです。

しかし、審査が問題なく進み、「急いでほしい」との要望があった場合、時間帯とライフティの混雑状況によっては、先に即日振り込み融資を行い、その後契約書類を郵送でやり取りするという方法が取れます。

急ぎの場合は、ライフティに電話で相談してみるといいでしょう。

ただし、即日融資について確認してみたところ、「混雑状況と審査内容によって変わってくるため申し込んでみないとわかりません」という回答をいただきました。

また、その電話での口調や雰囲気から、積極的に即日融資を行っているようには感じられなかったのです。

実際ライフティは、大手消費者金融のようなサービスを提供してはいるものの、やはり中堅の消費者金融となるため、大手からお金を借りられなかった方が申し込むケースがほとんどでしょう。

そのため、個人信用情報に問題がある方や多重債務の方、返済能力に不安がある方など、融資が難しいと考えられる方の申し込みが多いのかもしれませんね。

即日融資できるような方の申し込み自体少ないため、「即日融資行っています」と、声を大にして言うことができないのかもしれません。

信用性が高いと即日融資は可能となることもあるため、急ぎの場合は、今現在の延滞を解消したり、他社の借り入れを減らしたり完済するなど、自分の状況をできる限り整理してから申し込んでみた方がいいでしょう。

ただし、ライフティの場合、即日融資してもらう場合は振り込みのみとなります。

カードで入出金するためには、カードを郵送してもらわないとならないため、数日かかってしまうでしょう。

もし、すでにカードを持っている場合は、セブン銀行のATMまで行くことができれば、365日いつでも借り入れが可能となります。(セブン銀行ATM利用時間:0時20分~23時40分)

ライフティ 申込み~借入までの流れ

ライフティへの審査申し込みは、インターネットや電話などから行うことができます。

▼インターネット申し込み(スマホ・パソコン)の場合
①ライフティの公式サイト「お申込み」から申し込み手続き
②審査
③メールか電話で審査結果の通知(申し込み時に指定した方法で通知が来ます)
④契約関連書類とカードを自宅へ郵送(最短3営業日程度でカードが届きます)
⑤必要事項記入し、本人確認書類を添えて返送
⑥契約関連書類がライフティに到着後、借り入れ

▼電話申し込みの場合
①電話をで審査申し込み
②審査
③契約関連書類とカードを自宅へ郵送
④カード受け取り、契約関連書類に必要事項記入し、本人確認書類を添えて返送
⑤契約関連書類がライフティに到着後、借り入れ

ただし、審査内容は一人一人違ってくるため、誰もがこのような流れになるとは限りません。審査状況によっては、契約関係書類を郵送でやり取りする前に振り込みでの即日融資が可能となる場合もあります。

▼おまとめローンの場合
おまとめローンの申し込み方法はインターネットのみとなります。

①インターネットから申し込み
②ライフティの審査
③ライフティから書類送付
④必要事項を記入し、書類返送
⑤ライフティから契約関係の書類送付
⑥ライフティから借入先へ振り込み融資

ライフティ 審査の申込み方法

ライフティの申し込み方法は、パソコンやスマホを使ったインターネット申し込みか、電話申し込みになります。

①インターネットで審査に申し込む
インターネットからの申し込みは24時間365日可能です。

ライフティ公式サイトのトップページの「お申込み」をクリックし、個人情報の取扱いに関する規約や会員規約などを確認し同意をすると、申し込みフォームに進むことができます。

必要事項を入力し、送信すると申し込み完了です。

入力内容は以下のようになっています。

・名前
・旧姓
・郵便番号
・自宅住所
・緊急連絡先の住所の分類(実家、親類)
・緊急連絡先の郵便番号
・緊急連絡先の住所
・生年月日
・性別
・国籍
・電話番号(固定、携帯、その他)
・住まい(ローンなし持ち家名義人、ローンあり持ち家名義人、家族名義持ち家、公営住宅、賃貸マンション、アパート、借家、寮、社宅、間借り、その他)
・居住年数
・メールアドレス①
・メールアドレス②

ライフティの申し込みフォームは3ページあり、ここまでは申し込み者の詳しい情報についての入力になります。

さらに残りの2ページでは、勤務先や他社の借り入れ状況、今回の借り入れ希望額、希望の連絡先などを入力することになります。

入力個所は多くなるため、必須項目だけの入力で申し込みは可能となりますが、審査通過率を上げたい場合はできる限り全て入力し、間違いがないかをしっかりと確認してから送信するようにしましょう。

送信後、審査が完了すると、希望の連絡先(電話かメール)へ審査結果の連絡が来ます。

ただし、審査はライフティの営業時間内に行われます。営業時間は平日の9時半~18時になるため、土日祝日や、平日の18時以降に申し込みをすると審査は翌営業日に開始されることになります。

なるべく早い融資を希望している方は、平日の営業時間内に申し込みをしておいた方がいいでしょう。

②電話で審査に申し込む
0570-200-206へ電話をかけ、申し込みをしたいことを伝えましょう。

ライフティ公式サイトのトップページにも、下の方へスクロールすると、電話番号を記載したボタンがあります。ここをタップすることでもライフティへ電話をかけることができます。

電話受付時間は月曜~金曜の9時半~18時になります。(土日祝日、年末年始はお休み)

ライフティ 審査時に必要な書類

①本人確認書類
・運転免許証
・パスポート(外務大臣印のあるページ、顔写真のあるページ、生年月日の記載されたページ、住所が記載されたページ)
・マイナンバー個人番号カード(表面のみ)

などが必要になります。もし現住所と証明書の住所が違う場合は、発行から3か月以内の以下のような住所が確認できる書類も必要になります。

・公共料金の領収書
・国税、地方税の領収書
・社会保険料の領収書
・住民票写し
・印鑑登録証明書

また、外国籍の方は「在留カード」「特別永住者証明書」も必要になります。
    
     
②収入証明書
・直近の源泉徴収票
・直近の確定申告書
・直近2か月分の給与明細書

収入証明書は、基本的には借入額が50万円以上、もしくは他社との借り入れ額合計が100万円以上になる場合に必要となるのですが、審査状況によっては必要になる場合もあります。

③他社の契約書類
おまとめローンを利用する場合は、以下のような他社の借り入れ条件が確認できる契約書などの書類や明細などが必要になります。

・借り入れ残高
・利率
・債権者の商号、名称
・氏名

ライフティ 借入方法

①振り込み融資
ライフティは自動契約機などはないため、カードは郵送で受け取ることになります。カードを手にするまで数日かかってしまうため、その前に融資してもらいたい場合は、振り込み融資となります。

審査に通過し、契約を交わした後、振り込み依頼をすると、指定の口座へお金を振り込んでもらえます。

②セブン銀行ATM借り入れ
カードを郵送で受け取ることができると、セブン銀行ATMから365日年中無休(利用時間:0時20分~23時40分)で、限度額の範囲で自由に借り入れ・返済が可能となります。

※おまとめローンの場合は、融資が確定すると、融資額を他の貸金業者へライフティから申込者名義で振り込みします。ただし、元金分のみの融資となります。利息分については申込者が自分で返済する必要があります。

ライフティ 返済方法・返済額・返済期日

ライフティ返済方法2つ

①振り込み返済
ライフティが指定する口座へ、返済額を振り込みます。もしインターネトバンキングが利用可能の場合、24時間返済可能となるため、便利ですね。ただし、振り込み手数料は自己負担となります。

②ATM返済
セブン銀行ATMからカードを使って返済することも可能です。ただし、この場合も以下のようなATM利用手数料がかかってしまいます。

1万円以下の取引 108円
1万円超の取引 216円

 

ライフティの約定返済額

ライフティの返済額は以下のように、借入残高に応じて決まります。

借り入れ残高 返済額
5万円 5,000円
10万円 5,000円
20万円 9,000円
30万円 13,000円
50万円 15,000円
100万円 30,000円

 

ライフティの返済期日

ライフティの返済期日は初回借り入れ日から35日後となります。

その後も35日サイクルで返済していくことになりますが、早めに返済していきたい場合は、初回以外は35日待たなくても、前倒しで返済していくことができます。

前倒しで返済していくとスピーディーな完済を目指せるため、最終的な総支払額を減らすことができますね。

ただし、返済期日がどんどん早まってしまうため、余裕がない場合は焦らず、35日待ってからの返済にしていくといいでしょう。自分の都合に合わせて期日を変えていけるのは便利ですね。

※ライフティのおまとめローンの場合は、毎月27日(土日祝日の場合は翌営業日)に本人名義の口座から引き落としとなります。

ライフティでお金を借りるメリット・デメリット

ライフティでお金を借りるメリット

①35日間無利息
ライフティの最大のメリットとも言えるのが、「初回契約時に限り、初回借り入れ日の翌日から35日間利息0円サービス」です。

ライフティと初めて契約した方は、初回の借り入れ時、35日以内に完済することができれば、利息は一切かかりません。

アイフルやアコムなどの大手でも無利息サービスは行っていますが、「契約日の翌日から30日間」となっていますね。契約日の翌日からカウントされてしまうと、すぐに借り入れしなければ無利息期間がどんどん減ってしまいます。

プロミスの場合は「借り入れの翌日から30日間」となっていて、借り入れしてからカウントされるので無利息期間が減るということはありませんが、大手プロミスでも期間は最大30日です。

しかし、ライフティは中堅消費者金融でありながらも、「借り入れ日の翌日からのカウント」で、さらに「35日間」という長期間の無利息を実現しています。

もし利用できるのであれば、大手消費者金融よりもメリットの高いサービスですね。

ただし、ライフティ公式サイトでは、「当社が不適当と判断した場合は対象外となる場合がございます」と記載されています。また、無利息サービスについてはトップページに記載されているだけで、大々的に宣伝してはいない雰囲気です。

電話でも確認してみましたが、「無利息サービスがあるのですか?」との問いに対して、「はい」のみでした。特別詳しい説明などがあるわけでもなかったため、ライフティが「不適当」と判断するケースの方が多いのでは?という印象を受けました。

確かに、中堅消費者金融のライフティは大消費者金融手から断られた方の申し込み先となることが多いため、何かしらの問題がある方が多いと考えられます。そのため、無利息サービスを付けられるほど信頼性の高い方の申し込みというのは少ないのかもしれませんね。

②セブン銀行AM利用
中小の消費者金融の場合、自社ATMを持っていない会社がほとんどですね。そのため、カードローンのような使い方ができず、1度借入したらあとは返済するのみというフリーローン形式のものがほとんどになります。

ATMを持っている会社でも、ATMの設置数が少ないため、利用できる方が限られてしまう場合も多いでしょう。

しかし、ライフティではセブン銀行のATMからカードローンのように自由に入出金が可能となります。セブン銀行は全国あちこちに設置されているため、利用できる方が限定されないのは嬉しいですね。

③返済期日の調整可能
返済期日は初回借り入れ日から35日後となっていますが、前倒しで返済していくことも可能です。自分の都合に合わせて、返済期日を調整していくことができるのは便利ですね。
④柔軟な審査
個人信用情報に問題がある方でも、門前払いはしません。ライフティはどのような方に対してもきちんと審査を行い、審査次第では、融資も可能となります。

過去の延滞履歴よりも現在の返済能力を重視した柔軟な審査となるため、他から断られた方でも申し込み可能です。

ライフティでお金を借りるデメリット

①即日融資は振り込みのみ
ライフティの申し込みは、インターネットや電話からになるため、借り入れに必要なカードも後から郵送で受け取ることになります。そのため、急ぎの場合は振り込み融資のみとなります。

大手消費者金融では自動契約機が設置されているため、自動契約機まで行くことができればその場でカードを受け取り、すぐに借り入れを開始することができるのですが、ライフティの場合は自動契約機などはないため、郵送でしかカードを受け取る方法がありません。

即日融資を希望する場合も当然振り込みとなるため、銀行の窓口が開いている時間帯に全ての手続きを完了させる必要があります。

また、基本的には契約書類を郵送でやり取りしてからの融資となるため、即日融資が難しい傾向にあるのも残念です。(もちろん審査状況によっては即日融資も可能ではあります)

②セブン銀行ATM利用の際には手数料が必要
セブン銀行のATMが利用できる点は大きなメリットでもあるのですが、利用するたびに以手数料がかかってしまうのは残念です。

もちろん大手消費者金融でも、セブン銀行を利用する際手数料がかかることが多いため、ライフティに限ったことではありませんが、それでも利用のたびに手数料を支払うというのは残念ですね。

大手消費者金融ではたいてい自社ATMを持っていて、専用のATMからであれば手数料無料としていますし、レイクALSAでは振り込み手数料やセブン銀行などの提携ATMの利用手数料も全て無料としています。

このように、ライフティでも手数料がかからない借り入れ方法があると、もっと嬉しいですね。

③無利息サービス、おまとめローンは対象外
35日間利息0円のサービスが対象となるのは、キャッシングのみで、おまとめローンは対象外となります。

このページの先頭へ