未成年・学生でも即日融資可能なカードローンの審査に通る?

本音を言うと学生や未成年の方にはアルバイトで稼いだ範囲内でお金を使って欲しいですし、あまり若いうちからお金を借りることを覚えて欲しくないのですが、学生や未成年の方でも借りてでもお金が必要なときもあると思います。

本記事では、そういった建前論は置いておいて、未成年・学生が即日融資可能なカードローンや即日でお金を借りる方法を解説しています。

でも、くれぐれもお金を借りすぎないように気を付けてくださいね!!


未成年でもカードローンに申し込める?

未成年でもお金を借りることは可能なのですが、成人がお金を借りるのとは違い規制があります。

ただし、どのカードローンも高校生は利用できません。頑張ってアルバイトをして毎月数万円の収入を得ている高校生もいますよね。それでも高校生はカードローンでお金を借りることはできません。

未成年のカードローンには法律による定めがある

これは民法によって定められているものなので、どの消費者金融、銀行カードローンを利用する場合でも例外はありません。

★民法第5条1項

未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。

e-Govより引用

簡単に言うと、未成年がカードローンを利用する場合は必ず親権者の同意が必要ということになります。

これは法律に基づく部分なので親権者の同意なしで利用可能なカードローンはありません。もし「ウチなら親の承諾なしでも貸せるよ」と言う貸金業者があるとしたら、それは詐欺業者や闇金になります。絶対に話にのってはいけません。

また、これもあまり知られていないのですが、民法には未成年者が結婚すると成人扱いとなるという法律もあります。

★民法第七百五十三条
未成年者が婚姻をしたときは、これによって成年に達したものとみなす。

ですので、未成年がカードローンを利用できるケースは、

・親権者の同意を得ている場合
・結婚している場合

のいずれかとなります。

未成年のカードローン 借入先はかなり少ない

未成年でも親権者の承諾がある、または結婚していればカードローンの利用は可能ですが、これはあくまでも「法律上は可能」ということになります。

カードローン会社側からすると、本人に安定した収入がある成人に貸した方がトラブルになりにくく貸し倒れの可能性も低いので、未成年にお金を貸すメリットはあまりありません。

実際、大手消費者金融と言われているアコムプロミス、アイフル、SMBCモビット、レイクALSAなどに申し込みができるのは20歳以上の安定した収入がある人で、未成年は不可となっています。

未成年が即日でお金を借りる方法とは?

結論から言うと、未成年がお金を借りるならカードローンよりもクレジットカードのキャッシング枠を利用することをおすすめします。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の2つの枠があります。
ショッピング枠は買い物や各種支払いのカード払いにしか利用できませんが、キャッシング枠からは現金を引き出すことができるので、クレジットカードを持っているだけで即日融資が可能になるんです。

未成年はクレジットカード申込も親権者の同意が必要

クレジットカードも多くの場合は就業している成人を対象にしているので、未成年も申込が可能で、かつキャッシング枠がついているクレカはかなり限定されます。

また未成年がクレジットカードを作るには必ず親権者の同意が必要になります。
同意を得るのは大変かもしれませんが、近年は現金よりもクレカ払いの方が便利で得をすることが多いのも事実ですよね。

また、クレカがないと利用できないサービスも増えてきていますし、2019年10月の消費税増税においては、クレジットカードなどのキャッシュレス決済であれば増税分2%の還元があるとの情報もあります。

返済は自分の口座から行うことをきちんと伝えて、承諾を得られるように頑張ってみましょう!

以下にキャッシング枠がある未成年でも利用可能なクレジットカードをご紹介します。

三井住友VISAデビュープラスカード

★三井住友VISAデビュープラスカード基本情報

国際ブランド VISA
年齢制限 満18歳~25歳までの方(高校生は除く)
未成年は親権者の同意が必要
年会費 初年度無料
2年目以降1,250円+税
ただし年1回以上のカード利用で翌年度以降も年会費無料
電子マネー iD、Apple Pay、WAON、PiTaPa
総利用枠 10万円~80万円
ショッピング利用枠 10万円~80万円
リボ払い・分割払い利用枠 0~80万円
キャッシング利用枠 0~50万円

 

三井住友VISAデビュープラスカードは、18歳から利用可能なクレジットカードです。

年会費は初年は無料で、2年目以降は1,250円(税抜)ですが、年間に1回でもクレジットカードを使えば翌年以降も無料になるので、年会費は実質無料と言っても良いのではないでしょうか。

キャッシング枠は50万円まで設定可能です。(要審査)

三井住友VISAデビュープラスカードは、満25歳までの方が使えるクレジットカードで、26歳になったら自動的に「三井住友VISAプライムゴールドカード」にランクアップします。

三井住友VISAプライムゴールドカードは20代専用のゴールドカードで、30代なったらさらにランクアップがあります。

三井住友VISAデビュープラスカードは将来のことを考えたクレジットカードを作りたい方にもオススメできます。

楽天カード

★楽天カード基本情報

国際ブランド アメリカン・エキスプレス、Mastercard、VISA、JCB
年齢制限 18歳以上
未成年の場合は親権者の同意が必要
年会費 永年無料
総利用枠 最大100万円
電子マネー 楽天Edy
キャッシング利用枠 1万円~90万円

 

楽天カードはコマーシャルでもおなじみのクレジットカードですよね。18歳から申し込み可能で、キャッシング枠は最大90万円となっています。

年会費も永年無料なので、楽天サービスを利用しない方でも持っていて損のないクレジットカードです。

なお楽天カードは。収入がない方はキャッシング枠利用対象外となります。未成年本人がアルバイトなどで安定した収入がない場合はキャッシング枠を利用できません。

ここまでは未成年がお金を借りる方法を解説してきましたが、ここからは学生がお金を借りる方法についてお話します。

未成年と学生では立場が異なりますが、学生以外の未成年の方もぜひ読み進めてみて下さい。

学生はカードローンに申し込める?

同じ「学生」でも高校生はカードローンに申し込むことができないので、ここで言う学生は大学生・短期大学生・大学院生・専門学校生などを指します。

成人している学生はカードローンでお金を借りられる?

20歳以上の大学生などの成人の場合は、親権者の同意なしでカードローンに申し込むことが可能です。

カードローンの利用条件は「安定した収入があること」なので、アルバイトを継続していれば特に大きな問題なくカードローンを利用できるんです。

成人している学生が即日融資可能なカードローン

・学生だけど成人している
・アルバイトを継続している

この2つの条件をクリアしていたら、消費者金融や銀行カードローンを幅広く利用できます。

みんなが知っているアコム・プロミスはもちろん、三菱UFJ銀行カードローンバンクイック・三井住友銀行カードローンなどの銀行カードローンも申し込み可能です。

自分の責任においてカードローン会社と契約をするので、申込の際に親や学校に連絡がいくことももちろんありません。

成人している学生なら即日融資も可能!

現在、銀行カードローンは即日融資を行っていません。

銀行は2018年1月より審査がこれまでよりも慎重に行われるようになり、反社会的勢力とのつながりがないことを確認するために警察庁のデータベースに申込者の情報照会をかけることとなったんです。

そのため、銀行カードローンの審査結果が出るのはどんなに早くても翌営業日以降となり即日融資はできません。

ただ、消費者金融なら即日融資も可能です。

大手消費者金融なら審査にかかる時間は最短30分なので、午前中に申し込みをするれば午後には現金を手にすることができますよ。

ただし、土日祝祭日は振り込みでの即日融資に対応しているカードローン会社が限られてしまうのでご注意下さい。

未成年の学生はカードローンでお金を借りられる?

親権者の同意が必要になりますが、18歳19歳の学生が利用できる「学生ローン・学生専用ローン」があります。

学生ローンは中小規模の消費者金融が学生向けに展開しているサービスです。
学生であれば成人していても利用可能なのですが、利息・限度額・サービス・使い勝手の良さなどで比べると大手の消費者金融の方が優れているので、成人している学生が学生ローンを選択するメリットはあまりありません。

未成年の学生が利用可能なカードローン

以下に学生専用ローンをご紹介します。(未成年不可の学生ローンも含みます)

学生ローン名 限度額 金利 対象者
フレンド田(DEN) 50万円 15.0~17.0% 高卒以上(18歳以上)の大学生、短大生、専門学生、予備校生の方で、必要書類をご提示いただける方。及び安定した収入のある方
学生ローンのイー・キャンパス 80万円(学生は50万円) 14.5~16.5% 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、基準を満たす方
ヤングローン・学生ローンのキャンパス 50万円 14.40~16.80% 20歳~34歳の学生、社会人の方が融資対象
アイシーローン 50万円 10.00%~20.00% 首都圏在住、在学の安定した収入のある18歳以上の学生の方が対象。
高校生・予備校生不可
学生ローンカレッジ 50万円(未成年は10万円) 17.00% 日本国籍の方で、高卒以上の大学生・短大生・予備校生・専門学校生の方

 

大手消費者金融と比べると限度額が低くなりますが、学生がカードローン会社を比較する場合は、限度額の高さはあまり重要ではありません。

なぜかというと、消費者金融の場合は「総量規制」という規則により実際に借り入れができる金額は年収の3分の1以下になるからです。

仮に毎月8万円のアルバイト収入がある場合、

8万円 × 12か月 ÷ 3 = 32万円

限度額は32万円以下になります。

特に学生の場合は勉強が本業になるため、高額融資は期待できないでしょう。

学生ローンは即日融資できる?

上でご紹介している学生ローンの即日融資対応状況はこちら。

学生ローン 即日融資は可能?
フレンド田(DEN) 可能
学生ローンのイー・キャンパス 可能
ヤングローン・学生ローンのキャンパス 可能
アイシーローン 不明
学生ローンカレッジ 可能

 
アイシーローンの公式サイトには「即日融資可能」といった文字が見当たりませんでしたが、その他は可能となります。

学生にオススメのクレジットカード(キャッシング枠あり)

未成年がお金を借りる方法として、クレジットカードのキャッシング枠を使う方法をご紹介しましたが、この方法は学生でも利用可能です。

以下にキャッシング枠がある学生向けのクレジットカードをご紹介します。

※未成年の学生が申し込む場合は親権者の同意が必要です

三井住友VISAデビュープラスカード(学生)

★三井住友VISAデビュープラスカード(学生)の基本情報

国際ブランド VISA
利用条件 満18歳~25歳までの学生
未成年は親権者の同意が必要
年会費 初年度無料
2年目以降1,250円+税
ただし年1回以上のカード利用で翌年度以降も年会費無料
電子マネー iD、Apple Pay、WAON、PiTaPa
総利用枠 10万円~30万円
ショッピング利用枠 10万円30万円
リボ払い・分割払い利用枠 0~30万円
キャッシング利用枠 0~5万円

 

上の項目でご紹介した「三井住友VISAデビュープラスカード」の学生版になります。

キャッシング枠は5万円と少額になりますが、お金の借りすぎを防ぐことができますよ。

なによりも三井住友銀行というメガバンクが発行するクレジットカードなので、学生が持つクレカとしてのステイタスも申し分ありません。

銀行が発行しているクレジットカードということで、親権者にも安心してもらえるのではないでしょうか。

年1回以上クレカを利用すれば年会も無料になります。

学生専用ライフカード

★学生専用ライフカード基本情報

国際ブランド Mastercard、VISA、JCB
利用条件 高校生を除く満18歳以上満25歳以下。大学・大学院・短期大学・専門学校に現在在学中の方限定
未成年の方は親権者の同意が必要
年会費 無料
総利用枠 5万円~30万円
ショッピング利用枠 5万円~30万円
キャッシング利用枠 0万円~10万円

 

学生専用ライフカードは、在学中の学生を対象としたクレジットカードです。キャッシング利用枠は最大10万円となります。

毎月のスマホ利用料金を学生専用ライフカード決済にすると毎月10人に1人の確率で500円分のAmazonギフト券が当選したり、学生専用のお問合せ窓口を用意するなど、学生だからこそ嬉しいサービスも充実しています。

クレジットカードのキャッシング枠は即日融資が可能

クレジットカード自体はその日のうちに作ることができませんが、1度作ってしまえばキャッシング枠を使った即日融資が可能です。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する方法はとても簡単で、最寄りのATMからクレジットカードで現金を引き出すだけです。

申請したり振り込んでもらう必要もなく、即日融資で現金を手にすることができるので、初めて利用するときには「こんなに簡単にお金が手に入るの?」と拍子抜けするかもしれません。

でも、本来はお金は自分で働いて稼ぐものだということを忘れないでくださいね。お金の借りすぎにはくれぐれもご注意下さいね。

このページの先頭へ