コンビニATMは即日融資でお金借りられる?

セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどのコンビニATMから預金を下ろしている方も多いと思います。

コンビニATMは消費者金融とも提携していて、みんなが知っているような大手消費者金融ならコンビニからもお金を借りることができます。

しかもコンビニATMはほぼ24時間365日利用可能なので、即日融資でお金を借りたい方におすすめです。

この記事では、消費者金融と提携しているコンビニATMや利用手数料、即日融資でお金を借りる方法などを解説していますので、ぜひご覧ください。


コンビニATMなら即日融資でお金を借りられる!

消費者金融からお金を借りる主な方法は、振込融資で自分の口座に入金してもらうか、ATMで現金を引き出すことになります。

振込融資は即日融資に向いていない

振込融資はネットで振込依頼をすれば入金してもらえるのでとっても便利なのですが、振込依頼ができる時間が決まっていたり、銀行営業時間外は対応していないこともあります。特に土日・祝祭日は気を付ける必要があります。

コンビニATMは365日対応

即日融資の確実性を高めるなら、オススメなのはATMから現金を引き出す借り入れ方法です。

ATMを利用するために無人契約機でローンカードを発行したりATMに行くという手間はありますが、コンビニATMなら土曜の夜だろうと祝日だろうとほぼ24時間利用できます。

夜遅い時間に契約が完了したとしても即日融資が可能となります。

主なコンビニATMと設置場所

ぱっと思いつくコンビニといえば、

・セブンイレブン
・ローソン
・ファミリーマート

ですよね。あとはミニストップ、サークルKサンクス、ポプラあたりでしょうか。

大手消費者金融ならどこでもセブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM、イオン銀行ATMと提携しています。

まずは、これらのATMが設置されている場所を確認しておきましょう。

セブン銀行ATM

★セブン銀行ATMの主な設置場所
セブンイレブン、イトーヨーカドー、パルコや大丸・ヨークベニマル・三井アウトレットパークなどの商業施設、金融機関、空港、駅、SA/PA、オフィスビル、ホテルなど

セブン銀行ATMといえばセブンイレブンのイメージが強いと思いますが、意外とたくさんの場所に設置されています。
ショッピングセンター内でのお買い物の途中でも簡単にお金を借りることができるのも助かります。

ローソンATM

★ローソンATMの主な設置場所
ローソン、ナチュラルローソン

ローソンATMの主な設置場所はローソンになります。
47都道府県全てに設置されているのですが、家の近くや勤務先の近くにローソンまたはナチュラルローソンがないと少々不便かもしれませんね。

イーネットATM(E-net)

★イーネットATMの主な設置場所
▼コンビニ:ファミリーマート、サークルKサンクス、ポプラ、生活彩家、デイリーヤマザキ、セイコーマート、ミニストップ、コミュニティ・ストア、ニューデイズ、アンスリー

▼スーパー:ライフ、サミットなど

▼ショッピングセンターや専門店:ドン・キホーテ、コストコ、カインズホーム、プレミアム・アウトレット、アカカベ、ジョイフルエーケー、万代、玉川高島屋S・Cなど

▼その他:病院施設、飲食店、東京メトロ、京浜電気鉄道、JR九州など

イーネットはATMの設置や管理運営業務の受託を目的として設立された会社です。そのためセブン銀行のような銀行業務は行っていません。

イーネットはさまざまな企業の出資による共同運営会社なので、全国のコンビニや施設などにATMが設置されています。

イオン銀行ATM

★イオン銀行ATMの主な設置場所
ミニストップ、イオン、まいばすけっと、MaxValu、BIG、アコレ

イオン銀行ATMが設置されているコンビニはミニストップになります。また、イオン銀行ATMは全国のイオンにはもちろんですが、駅や空港にも設置されています。

コンビニと連携している消費者金融でお金を借りる

2018年10月現在、アコム、プロミス、SMBCモビット、アイフル、レイクALSA、ノーローンの全てがセブン銀行ATM、ローソンATM、E-net、イオン銀行ATMを利用できます。

コンビニATMで即日融資を受ける方法

コンビニATMの即日融資でお金を借りるための流れを簡単に説明すると

1.ネットでカードローンに申し込む
2.無人契約機でローンカードを発行する
3.コンビニATMで即日お金を借りる

となります。

1.ネットでカードローンに申し込む

申込方法はなんでも良いような気もしますが、ネットがいちばんおすすめです。

自分の都合の良いタイミングで申し込みができますし、入力した情報をしっかり確認することができるので、ミスを防ぐこともできます。

消費者金融の申込は「ミスがあっても訂正してもらえるんでしょ?」などと軽く考えない方が良いですよ。

本当にうっかり間違えたとしても嘘の情報を入力したと思われてしまうこともあるのでカードローン申込の入力ミスは怖いんです。

即日融資を希望する場合は、ネット申し込みが完了したらカードローン会社に電話して「急いでいるからこのあと無人契約機に行ってローンカードを受け取りたい!」と伝えましょう。

ネットで申し込みをしたのにわざわざ電話するの?と思われるかもしれませんが、このひと手間をかけるだけで優先して審査を行ってもらえます。

特に土日・祝祭日は審査が込み合いますので、申し込み後の電話はぜひ行ってください。

2.無人契約機でローンカードを発行する

コンビニATMでお金を借りる際にはローンカードが必要になるので、無人契約機で発行する必要があります。

無人契約機の設置場所や営業時間は各消費者金融の公式サイトで検索することができるので、お近くの無人契約機を見つけておきましょう。

カードローンの申し込みは無人契約機に直接行ってからでも可能なのですが、これもオススメしません。

申込そのものにも時間がかかりますし、審査を待っている間の最短30分、ずーっと無人契約機の中にいるのは意外と大変です。

3.コンビニATMで即日お金を借りる

契約が終わりローンカードの発行まで済んだら、あとはコンビニATMでお金を借りるだけです!

借入・返済時のコンビニATM利用手数料は?

アコム、プロミス、SMBCモビット、アイフル、ノーローン 1万円以下の入出金108円・1万円超の入出金216円
レイクALSA 手数料無料

 

レイクALSAは手数料無料でセブン銀行ATM、ローソンATM、E-net、イオン銀行ATMを利用できますが、その他の消費者金融は全て利用するたびに108円または216円のATM利用手数料が発生します。

コンビニATMで即日融資 引き出せる限度額は?

1日あたりの限度額はコンビニATMによって変わってきます。

・セブン銀行:50万円
・ローソンATM:20万円
・E-net:20万円
・イオン銀行ATM:50万円

※初期設定の場合の限度額

消費者金融から指定された限度額が100万円であっても100万円を1度にコンビニATMから引き出すことはできないということになりますね。

コンビニATMで即日融資 千円単位でお金を借りられる?

コンビニATM 借入 返済
セブン銀行ATM 千円単位 千円単位
ローソンATM 1万円単位 千円単位
E-net 1万円単位 千円単位
イオン銀行ATM 1万円単位 千円単位

 
1万円単位の借り入れを希望する場合はどのコンビニATMでも問題ありませんが、3,000円や5,000円といった小さい金額のお金を借りる場合はセブン銀行ATMが良さそうですね。

消費者金融からの借り入れは、必要なときに必要なお金だけを借りるのが上手な使い方です。

たとえば5,000円だけ借りたいときに1万円借りてしまうと、使わない5,000円にかかる利息がとてももったいないことになりますよね。

借りた日のうちに返済すれば利息は発生しませんが、返済にもATM利用手数料がかかってしまいます。

コンビニATMで即日融資 ATMの操作方法は?

コンビニATMでお金を借りる方法はとても簡単です。ATMによって若干異なりますが、主な流れはこうなります。

1.ATMにローンカードを挿入する
2.「ご出金(借入)」を選択する
3.暗証番号を入力する
4.必要な金額を入力する
5.取引内容を確認して「確認」ボタンを押す
6.ローンカードと明細書を受け取る
7.お金を受け取る

自分の金融機関口座からお金を引き出すときとほとんど同じですよね。

まとめ:コンビニATMの即日融資でお金を借りる

即日融資でお金を借りる場合は、コンビニATMが本当に便利です。

コンビニATMは日本全国どこにでもあるので、日常生活だけでなく旅先や出張先でどうしても現金が必要になったときにもお金を借りることができます。

また、消費者金融のATMに入るところを知り合いに見られるとかなり気まずいですが、コンビニは誰もがいつも利用する場所なので、気軽にATMを使えるところもとても大きな魅力です。

コンビニATMでお金を借りることのデメリットがあるとしたら、ATM利用手数料がかかるところです。

実際、レイクALSA以外の大手消費者金融はすべて108円~216円の利用手数料が発生してしまいます。

毎月1万円の返済をコンビニから行うと、ATM利用手数料だけで1年間で2,592円もかかってしまうことになるので、手数料だけは頭に入れておきたいですね。

このページの先頭へ