即日融資でお金借りるなら無人契約機が便利

消費者金融の申込は断然ネットが便利で早いのですが、即日融資でお金を借りる場合は、ネットで申し込みをしたあとに無人契約機で契約してローンカードを発行するのが最強の方法です。

無人契約機を使って即日融資を受ける方法を解説します!


なぜ即日融資に無人契約機が便利なの?

消費者金融の即日融資には

・振込融資で口座に即日入金してもらう
・ATMから現金を即日借りる

の2つの方法があります。

振込融資なら家にいながら入金してもらうことができるのでとても便利なのですが、銀行営業時間内の平日9時~15時以外の対応は消費者金融によってちがいますし、土日・祝祭日の振り込み融資には一切対応していないというカードローン会社もあるため即日融資にはあまり向いていません。

ATMからの借り入れは、ローンカードさえあればほぼ24時間現金を引き出すことも可能なので、即日融資を受けられる可能性が高くなります。

ATMから現金を即日借りる方法は2つ

ATMで現金をキャッシングするには、通常ローンカードが必要になります。このローンカードの発行ができるのが無人契約機なんです。

各消費者金融の店頭でも発行可能なのですが、無人契約機よりも営業時間が短いですしスタッフさんと顔をあわせるのもちょっと気が引けるのではないでしょうか?

もうひとつの方法は、スマホアプリを使ってセブン銀行ATMからお金を引き出す「スマホATM」です。

スマホATMが利用できるATMはセブン銀行ATMのみとなりますが、スマホATMならローンカードを使わずに現金を引き出すことができます。

最近は、ローンカードの発行がないweb完結型の申込方法も増えているのですが、スマホATMならローンカードがなくてもATMから直接現金を引き出すことができるので大変便利です。

★スマホATMが利用可能な消費者金融
プロミス、レイクALSA、SMBCモビット、アイフル

消費者金融の無人契約機を解説

まずは無人契約機と営業時間を確認しましょう。

金融機関名 無人契約機の営業時間
アコム ・自動契約機 むじんくん 8:00~22:00
・三菱UFJ銀行内カードローンコーナー
平日土日祝日全て 8:00~22:00
毎月第2土曜日は 8:00~21:00
プロミス ・プロミス自動契約機
9:00~22:00
・三井住友銀行ローン申し込み機
9:00~21:00
SMBCモビット ・モビット自動契約機 8:00~21:00
・三井住友銀行内ローン契約機 9:00~21:00
アイフル 8:00~22:00
レイクALSA 平日・土曜日8:00~24:00
日曜・祝日8:00~22:00
第3日曜8:00~19:00
ノーローン 平日土日祝日全て8:45~21:00
第3日曜日は19:00まで

※無人契約機の営業時間は一部異なることがあります

表に記載してある時間は無人契約機の営業時間になるので、この時間までに行けば即日融資ができるということではありません。

特に土日は審査が集中しやすいのでいつも以上に時間がかかってしまうことがあります。

次の項目では、各消費者金融が審査を行えるタイムリミットもご紹介しています。必ずその時間までに審査が行えるように申し込みを済ませておきましょう。

アコム自動契約機(むじんくん)

金利(実質年利) 3.0~18.0%
限度額 最大800万円
審査時間 最短30分
対象年齢 20歳以上69歳以下
即日融資 可能
無人契約機営業時間 8:00~22:00
審査可能時間のリミット 原則21:00

※営業時間等は一部異なる場合もあります

アコムの自動契約機「むじんくん」は、以前コマーシャルにも出ていたくらいなので名前を知っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

自動契約機「むじんくん」は現在も活躍していて、今現在全国に1,013店舗設置されています。営業時間は平日・土日・祝日全て8:00~22:00となっています。

自動契約機「むじんくん」は、三菱UFJ銀行の一部店舗内にも設置されています。

こちらの営業時間は、
・平日土日祝日 8:00~22:00
・毎月第2土曜日は 8:00~21:00

となっています。

プロミス 自動契約機

金利(実質年利) 4.5%~17.8%
限度額 500万円
審査時間 最短30分
対象年齢 20歳以上69歳以下
即日融資 可能
無人契約機営業時間 9:00~22:00
審査可能時間のリミット 原則21:00

※営業時間等は一部異なる場合もあります

プロミスの無人契約機は「自動契約機」と呼ばれています。営業時間は9:00~22:00で、土日祝日も申し込み可能です。

プロミスの申し込みは三井住友銀行ローン申し込み機からも可能となっています。営業時間は9:00~21:00です。

プロミスは30日間無利息サービスが他社とちょっと違っていて、「初回借入日の翌日」からスタートします。

他社の場合は、契約日の翌日から自動的に始まることが多いので、たとえば契約してから10日後に借り入れをしたら無利息期間は20日間になってしまいます。

契約日の即日融資を希望する場合は、他の消費者金融でもまったく問題ないですが、すぐに借り入れをする予定がない場合は、プロミスの無利息サービスが非常に重宝します。

SMBCモビット ローン申込機

金利(実質年利) 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
対象年齢 20歳以上69歳以下
即日融資 可能
無人契約機営業時間 8:00~21:00
審査可能時間のリミット 原則21:00

※営業時間等は一部異なる場合もあります

SMBCモビットは三井住友銀行グループの消費者金融です

無人契約機の営業時間は平日土日祝日ともに8:00~21:00となっています。三井住友銀行内の「ローン契約機」でも申し込み可能となっていて、こちらは9:00~21:00で営業しています。

SMBCモビットは特に注意が必要で、ローン申込機の営業時間と審査可能な時間のリミットがどちらも21時なんです。

SMBCモビットで即日融資を希望するなら可能な限り早めに申し込みをした方が安心ですよ。

なお、SMBCモビットは2年連続でオリコン ノンバンクカードローン顧客満足度ランキング1位を獲得しています。

借入・返済などの使い勝手の良さには期待できますが、無利息サービスはありませんのでご注意下さい。

アイフル 無人契約ルーム

金利(実質年利) 3.0%~18.0%
限度額 最大800万円
審査時間 最短30分
対象年齢 20歳以上69歳以下
即日融資 可能
無人契約機営業時間 8:00~22:00
審査可能時間のリミット 原則21:00

※営業時間等は一部異なる場合もあります

アイフル無人契約機の営業時間は8:00~22:00となっています。土日でも夜遅くまで営業していますので、比較的利用しやすいのではないでしょうか?

アイフルは30日間無利息サービスやレディースアイフルという女性専用ダイヤルもあり良い面も多いのですが、返済方法にやや難があります。

口座振替による自動引き落としと、アイフルATMや店舗以外の返済方法は全て手数料が発生するんです。

コンビニなどの提携ATMや自分の口座からのネットバンキングによる返済などは、その都度手数料が発生してしまうので、返済は口座振替設定にしておいて余裕があるときに振込返済にするなどの使い分けが必要になりそうです。

レイクALSA 自動契約機

金利(実質年利) 4.5%~18.0%
限度額 最大500万円
審査時間 最短30分
対象年齢 満20歳以上70歳
即日融資 可能
無人契約機営業時間 平日・土曜日8:00~24:00
日曜・祝日8:00~22:00
第3日曜8:00~19:00
審査可能時間のリミット 21:50
毎月第3日曜日のみ8:10~19:00

※営業時間等は一部異なる場合もあります

レイクALSAの自動契約機なら、申込からローンカードの発行までにかかる時間が最短30分となっています。

レイクALSAはアコムやプロミスと比べると少しだけ知名度が弱いかもしれませんが、21時までに契約が完了すれば最短60分で即日融資が可能ですし、期間限定ですが30日間無利息サービスが60日間に延長となるサービスも展開しています。

ノーローン 新生銀行カードローン レイクの自動契約コーナー

金利(実質年利) 4.9%~18.0%
限度額 300万円
審査時間 最短30分
対象年齢 満20歳以上70歳
即日融資 可能
無人契約機営業時間 8:45~21:00
第3日曜日は19:00まで
審査可能時間のリミット 20:30

※営業時間等は一部異なる場合もあります

ノーローンの自動契約機は、新生銀行カードローン レイクの自動契約コーナーになります。

即日融資を希望する場合は、20時30分までに申込を済ませておきましょう。

無人契約機には新生銀行カードローン レイクのATMが併設されていて、手数料無料で借り入れが可能となっています。

しかし、このレイクATM以外の提携ATMは全て手数料が発生してしまうので、借り入れ方法・返済方法にはご注意下さい。

ノーローンは「なんどでも1週間無利息」という特徴的な無利息サービスを行っています。

通常、無利息サービスは初回申込時のみ適用になるのですが、ノーローンは完済した翌月から再度無利息期間が発生するんです。

例えば、お給料日前の20日に借り入れをしたとします。無利息期間は7日間なので、お給料日の翌日の26日に完済すれば利息は0円になります。

しかも当月中に完済しているので、翌月の借り入れは再度1週間無利息となります。

こういった感じで、少額を借りたり返したりするような利用方法を想定している方にはノーローンがおすすめです。

即日融資のための無人契約機の使い方

無人契約機は、その店舗内で申し込みをすることもできるのですが、これはあまりオススメしません。

なぜかというと、せっかく行っても先客がいて空いていないこともありますし、もし空いていたとしても審査を待つ間ずーっと無人契約機の中で待つことになり、時間がもったいないんです。

カードローン申し込みの入力項目には、自分の氏名や住所といったすぐにわかる情報だけでなく、年収や会社の電話番号や住所、社員の数などの調べないとわらからないようなこともあります。

ですので、申し込み自体は自宅の慣れている環境で落ち着いて行うか、少なくとも無人契約機に向かう電車の中でスマホからネット申込をした方が時間を有効に使うことができます。

無人契約機はどこにあるの?

各消費者金融の無人契約機の設置場所は、公式サイトから検索をすることができます。営業時間が異なる場合があるので、出かける前に必ず確認することをおすすめします。

必要書類はカンペキに揃えよう!

本人確認書類や収入証明書を無人契約機に持参する場合は、カンペキなものを揃えて行きましょう。

書類に不備があると再度持って行くことになり、即日融資ができないことがあります。

必要書類は各消費者金融によって指定がありますので、必ず確認してください。
ここでは一例としてアコムの必要書類をご紹介します。

本人確認書類

基本は運転免許証になります。交付を受けていない場合は個人番号カード、パスポートでも大丈夫です。

本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合は、以下のいずれかも必要となります。

・健康保険証…表・裏
・住民票…本籍地、マイナンバー、住民票コードがないもの
・公共料金の「領収書」…電気、都市ガス、水道、固定電話、NHK
・納税証明書…領収日付または発行年月日から6ヶ月以内のもの

また、本人確認書類に顔写真がない場合は、以下のいずれかが必要です。

・住民票…本籍地、マイナンバー、住民票コードがないもの
・公共料金の「領収書」…電気、都市ガス、水道、固定電話、NHK
・納税証明書…領収日付または発行年月日から6ヶ月以内のもの

例)本人確認書類が健康保険証になる場合は?
健康保険証には顔写真がないため、住民票・公共料金の領収書・納税証明書のいずれかが必要となります。

収入証明書

収入証明書は、
・限度額が50万円を超える契約を行う場合
・他社の借入額と限度額を合わせた金額が100万円を超える場合

に必要となります。

ただし、限度額に関わらず提出を求められるケースもあるので、できれば用意しておいた方が安心です。

収入証明書として有効な書類は以下となります。

・源泉徴収票…最新年度のもの
・給与明細書…直近1ヵ月分(住民税(地方税)の記載がない場合は直近2ヵ月分)
・市民税・県民税額決定通知書…最新年度のもの
・所得証明書…最新年度のもの
・確定申告書・青色申告書・収支内訳書…最新年度のもの

無人契約機で申込をした場合、在籍確認はどうなるの?

無人契約機で申し込みをする場合、審査結果が出て契約が完了するまでは基本的に無人契約機の中にいることになります。途中退出は原則ありません。

ということは、あなたが無人契約機にいる間に在籍確認も行われることになるので、会社にかかってくる電話には出られないことになりますよね。

でも大丈夫です。在籍確認は申込者本人が電話にでられなくても問題はありません。会社の人が「〇〇(あなた)は本日お休みをいただいております」などと答えるだけで通過できるんです。

ただし、会社全体がお休みで電話に誰もでないなど確認がとれない場合は審査に通過できなかったり在籍確認がとれるまで限度額が極端に下げられてしまう場合もあります。

無人契約機の終了時間までにローンカードを発行すれば即日融資ができるの?

無人契約機の終了時間ギリギリに行くのは大変危険です。なぜなら、前述のとおり無人契約機に先客がいたら利用することができませんし、必要書類に不備があったら出直しとなる場合もあります。

また、在籍確認がとれない場合は、ローンカードの発行だけは可能でも実際の借り入れは在籍確認ができた後となることもあります。

急いでいるときほど早め早めに申し込みをするようにしましょう。

無人契約機でローンカードを発行した後は?

多くの消費者金融は無人契約機の隣にATMを設置していますので、ローンカードを発行したらすぐにATMから現金を引き出すことができます。

もし無人契約機の近くにATMがない場合でも、コンビニATMがほぼ24時間利用可能となっています。

★各消費者金融で利用可能なコンビニATM

アコム セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATM
プロミス セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATM
SMBCモビット セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATM
アイフル セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATM
レイクALSA セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATM
ノーローン セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATM

 
この他にもゆうちょ銀行、メガバンク、地方銀行とも提携していますし、イオン銀行などのショッピングセンター内ATMからも借り入れ・返済が可能となっています。

提携ATMの利用は手数料が別途かかることもあるのですが、ほぼ24時間365日お金を借りることができるので大変便利ですよ。

このページの先頭へ