在籍確認・勤務先電話連絡なしで即日融資可能なカードローン

カードローン申込の最大の難関と言えるのが、勤務先にかかってくる電話による在籍確認ではないでしょうか。

電話自体は数秒で終わるのですが、電話そのものが気持ちの良いものではないですよね。

この記事では
・電話在籍確認がないカードローン業者
・電話在籍確認が困ることを相談可能なカードローン業者

をピックアップしています。

もちろん、即日融資が可能がどうかも調べてあるので合わせてご紹介します。


在籍確認がないカードローンはあるの?

在籍確認がないカードローンもあることはあるのですが、数はかなり限られてきます。

でも、みんなが不安に感じているのは在籍確認そのものではなく、「勤務先に電話連絡があること」ではないでしょうか?

ご安心下さい。在籍確認がないカードローンは少ないのですが、勤務先への電話連絡を避けられるカードローンは複数存在するんです!

在籍確認方法は電話だけではない

在籍確認は申込者が申告した勤務先に本当に勤めていることを確認する行為です。基本的にはカードローン担当者が勤務先に電話をかけることで確認を取ります。

どのカードローン業者もプライバシーに配慮があり、会社名を出すことなく個人名でかけてきてくれるのですが、電話そのものが困るという方もいますよね。

実際、

・勤務先に自分宛に電話がかかってくること自体が不自然
・個人名でかかってくることが不自然
・勤務先にほとんどいない
・電話にでる人(事務員など)が自分のことを把握していないかもしれない

など、電話をかけてこられても困る人、周囲に怪しまれたくないという人は本当にたくさんいます。

でも、在籍確認は電話じゃなくても可能なんです。

電話に代わる方法としてよく行われているのが、社会保険証、給与明細、社員証や入館証などの勤め先が確認できる書類の提出です。こういった書類を提出できれば、電話による在籍確認をパスすることができるんです。

必要書類はカードローン会社によって変わりますが、各公式サイトに「電話による在籍確認を行います」などと書いてあっても、この方法で勤務先への電話連絡なしで審査を進めてもらうことができます。

在籍確認がないカードローン会社はここ

まずは在籍確認そのものがないカードローンを解説します。

セブン銀行カードローン

利用限度額 10万円、30万円、50万円
借り入れ利率 15%
申し込み方法 ネット
借り入れ方法 セブン銀行ATM、ダイレクトバンキング
返済方法 自動引き落とし、セブン銀行ATM、ダイレクトバンキング
遅延損害金 不要
担保・保証人・手数料 不要
セブン銀行口座は必要? 必要

 

★セブン銀行カードローンの特徴
・ローンカードはセブン銀行キャッシュカードと一体型。借入をしていることがローンカードでバレることがない!
・専業主婦本人も申し込み可能!
・セブン銀行ATMもダイレクトバンキングによる振り込み融資も手数料無料!

セブン銀行カードローンには基本的に在籍確認がありません。ただし、いろいろと条件というかルールがあります。

まず、今現在銀行カードローンは即日融資に対応していません。

どの銀行を利用しても即日融資を受けることはできず、セブン銀行カードローンも例外ではありません。

それから、セブン銀行カードローンはセブン銀行口座を持っていることが必須になるので、持っていない場合は申込と同時に口座開設も行うことになります。

この口座開設には1週間程度時間がかかります。

口座を持っていても持っていなくても即日融資は不可なので、急いでいる場合には向いていないということになりますね。

口座の開設には本人確認書類が必要になりますが、口座開設の時点で本人確認をきちんと行うため、セブン銀行カードローンの申込に本人確認書類は不要です。

自宅や勤務先に電話連絡が入ることも原則ありません。本人確認書類も不要、在籍確認もないカードローンはかなり珍しいですよ。

金利は15%固定です。利用限度額も最高で50万円と小口融資となっています。

限度額が高くて利用金額が大きくなればなるほど金利が下がっていくような従来型の銀行カードローンとは異なりますし、実際に融資を受けるまでには時間がかかりますが、在籍確認不要の大変貴重なカードローンです。

SMBCモビットのWeb完結

金利(実質年利) 3.0~18.0%
限度額 最大800万円
審査時間 最短30分
対象年齢 20歳~69歳
即日融資 可能

 

★SMBCモビットの特徴
・web完結なら在籍確認も郵便物もない!
・オリコン ノンバンクカードローンランキング第1位!
・無利息サービスはありません!

SMBCモビットには「カード申込」と「web完結申込」という2つの申し込み方法があるのですが、このうちのweb完結申込には在籍確認も電話連絡もありません。

web完結はその名のとおり、申し込み・審査・契約・借り入れ・返済が全てwebでできてしまう借り入れ方法になります。

ローンカードの発行もないので、郵便物や契約書が自宅宛てに届くこともありません。

web完結を利用するための条件は2つあります。

1.三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っていること
2.社会保険証、組合保険証のいずれかを持っていること

いかがでしょうか。1の口座は全国どこでも対応可能ですが、2はハードルが高いかもしれませんね。また、web完結の場合は収入証明書の提出も必須となります。

この条件がクリアできない場合はweb完結を利用できないので、カード申込を利用することになるのですが、カード申込には電話在籍確認があるので、別の方法で実施してもらえないか相談する必要があります。

気をつけて!りそなクイックカードローンは在籍確認がある

りそな銀行のりそなクイックカードローンが在籍確認がないカードローンと紹介されていることがありますが、現在は電話在籍確認が実施されます。

りそな銀行に電話で問い合わせたところ「りそなクイックカードローンも在籍確認を実施していて、本審査結果が出るのは最短でも翌営業日以降になる」とのことでした。

りそなクイックカードローンは、以前は確かに電話在籍確認もなく、最短2時間で審査が可能だったので、古い情報がそのまま残っているのかもしれませんね。

勤務先への電話連絡(在籍確認)なしで借りられるカードローン

ここからは、基本的には勤務先への電話連絡で在籍確認を行っているものの、相談次第で電話連絡を回避してくれるカードローン会社をご紹介します。

原則、電話での在籍確認を実施しますが、勤務先への電話を避けたいことが相談できるカードローンとなりますので、確実に避けられるわけではありませんが、諦める前にぜひ相談してみて下さい!

アコム

金利(実質年利) 3.0~18.0%
限度額 最大800万円
審査時間 最短30分
対象年齢 20歳以上
即日融資 可能

 

★アコムの特徴
・30日間無利息サービスあり!
・クレジット機能がある「ACマスターカード」も選べる!
・楽天銀行口座があれば24時間即振込融資可能!

アコムも電話連絡以外で在籍確認を取ることができるカードローン業者です。土日祝日でも即日融資も可能ですし、大手消費者金融という安心感もあるのではないでしょうか。

アコムはオペレーターさんがとても丁寧で相談しやすい雰囲気を作ってくれます。気軽に相談してみて下さい。

アイフル

金利(実質年利) 3.0~18.0%
限度額 最大800万円
審査時間 最短30分
対象年齢 満20歳以上満69歳
即日融資 可能

 

★アイフルの特徴
・30日間無利息サービスあり!
・パート、アルバイト、学生も申込可能!
・事前審査結果はなんと1秒診断!

アイフルも電話連絡以外の在籍確認を提案してくれるカードローン会社です。

即日融資にも対応していますが、急いでいる場合はネットで申し込みをした後にアイフルフリーダイヤルに電話をして、急いでいることと電話在籍確認を避けたいことを伝えて下さい。

この電話1本だけで優先して審査を受けることができますし、在籍確認も書類審査に変えてもらうことが可能です。

プロミス

金利(実質年利) 4.5%~17.8%
限度額 500万円
審査時間 最短30分
対象年齢 20歳以上69歳以下
即日融資 可能

 

★プロミスの特徴
・30日間無利息期間が借り入れ日の翌日からスタートするので、契約してすぐに借り入れしなくても30日間まるごと使うことができる!
・即日融資にももちろん対応!
・三井住友銀行、ジャパンネット銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座があれば24時間即振込可能!

プロミスは、以前から即時振込が可能な「瞬フリ」というサービスを行っていたのですが、瞬フリサービスが利用できるのは三井住友銀行およびジャパンネット銀行の口座を持っている人のみでした。

それが2018 年10月より平日15時以降や休日の振込みが可能となる金融機関が増えたんです。

地方銀行にも対応していて、たとえば宮崎銀行の場合、土日祝日でも0:00~8:00までの受付で当日9:30頃には入金してくれます。

各銀行の瞬フリ対応時間はプロミス公式サイトで調べることができますよ。

プロミスも勤務先への電話在籍確認を回避可能な消費者金融です。

申込が終わったらプロミスに電話をして相談をしてみて下さい。在籍確認そのものを回避することはできませんが相談は可能です。

SMBCモビット

SMBCモビットの「カード申込」も相談は可能ですが、SMBCモビットには「web完結」というサービスがあります。

電話在籍確認を避けたいとSMBCモビットに相談してみたところ、「web完結という申込方法がありまして、そちらでしたら・・・」とweb完結を紹介されてしまいました。

web完結の利用条件を満たしていなかったことを伝えると「基本的には電話での在籍確認になるのですが、どうしてもということでしたら給料明細や社会保険証などのご提出で在籍確認とさせていただくことも可能ではございます」という感じの返答をいただきました。

筆者は、SMBCモビットのカード申込は書類での在籍確認に消極的な印象を受けましたが、最初から「web完結は利用できないけど在籍確認の電話もかけて欲しくない」と伝えたらもっとスムーズに話が進むかもしれません。

電話での在籍確認が困る場合の相談方法は?

勤務先に電話をされると困ることを相談したい場合は、申し込みをする前に1度確認の電話をすることをおすすめします。

大手カードローン会社や銀行であれば、電話に出た担当者は必ず自分の名前を名乗るのでメモしておきます。

「勤務先に電話連絡をされたら困るんですけど、別の方法で在籍確認をしてもらえますか?」と聞きます。

電話在籍確認しか行っていないようであれば、他のカードローン会社を検討しましょう。

書類で代用してくれることを確認できたらネットから申し込みをします。

電話での申し込みを進められるかもしれませんが、カードローンの申し込みは質問項目がとても多く、この時点では準備ができていないので電話申込はオススメしません。

ネットで申し込みが終わったら改めて電話をかけます。

電話在籍確認をされると困るので他の方法でお願いしたいこと、電話以外の在籍確認が可能であることを〇〇さん(担当者名)に事前に確認しているからお願いします、といったことを伝えましょう。

ちょっと面倒なのですが、この
・事前の問い合わせ
・申し込み後の問い合わせ

の2回の電話で、より確実性を高めることができます。

まとめ:勤務先への電話連絡が困るのはみんな一緒!

在籍確認の電話は、実際のところ10秒程度で終わります。

申し込み者本人が出る必要もないですし、会社の人に何か聞かれたら「クレジットカードを作ったから確認の電話がきたみたい」などと伝えておけば大きな問題になることはないでしょう。

でも、今どき個人に用事がある場合はスマホにかけるのが普通ですし、個人あてに会社に電話がかかってくること自体が不自然だったりしますよね。

電話在籍確認という方法そのものが時代にあっていないのかもしれません。

しかしそういった事情はカードローン会社も把握していて、「電話在籍確認は困る!」という相談はなにも特別なことではないのです。

あまり宣伝はされていませんが、「電話在籍確認がお困りでしたら書類でも大丈夫です」と融通をきかせてくれる消費者金融は意外とあります。

あまり深刻に考えずに軽い気持ちで相談してみて下さいね。

このページの先頭へ