無審査・即日融資OKでも闇金はダメ!安心・安全なカードローン

無審査で安全・安心に即日融資してくれるカードローン会社があるとしたら是非お金を借りたいところですが、そんな都合の良いカードローンありません。

でも信用情報の審査不要でお金を貸している貸金業者はありますが、それは闇金です。

そもそもなぜ安全なカードローンには審査が必要なのか、そして「ブラックでも即日融資可能!」などといったいかにも怪しい広告をしている闇金の手口はどんな方法なのかなどを詳しくご紹介します。


無審査でお金を借りられる金融機関はあるの?

お金を貸す側にとって、いちばん起こって欲しくないのが「貸し倒れ」「踏み倒し」と呼ばれる回収不可能となることです。

こうなってしまうと儲けがでないどころかマイナスとなってしまうので、貸金業者が最も避けたいことのひとつなんです。

審査はこの貸し倒れを防ぐための返済能力を確認するために行われます。

たとえば、他社からたくさんお金を借りている人は返済が遅れる可能性が高いですし、家族が多い方は独身の人よりも生活費にかかるお金が多くなるという感じです。

無審査ということは、返済のアテがない人にもお金を貸すということになるので、貸金業者にとっては自分たちの首を絞める行為となります。

そのため銀行カードローンや正規の消費者金融であれば、無審査でお金を貸すことは絶対にありません。

ということは、本当に安心してお金を借りられる優良貸金業者は必ず審査を行っているということになりますね。

闇金にもいちおう審査がある

闇金もいちおう審査をします。ただ、闇金の審査は正規消費者金融のように信用情報機関に照会をかけるといったことではありません。

住所や勤務先、それから本籍地、家族構成、親や兄弟の住所などの利用者の身元調査という感じになります。

これは、もし利用者が返済不能になったときに会社や身内などに回収に行くための審査になります。

正当な理由がないのに勤務先や身内など債務者本人以外に回収をかけるのは違法な行為になるのですが、闇金はもともと違法な貸金業者なので法律無視のあの手この手の方法で回収してきます。

闇金なら即日融資が可能・・・だけど

闇金で貸してくれる金額は5万円程度の少額になります。初回は1万円とか3万円と決まっている場合もあります。

即日融資で現金を受け取ることも可能です。

今すぐ現金が必要という方にとってはとても助かることかもしれませんが、騙されてはいけません。

闇金はごく普通に生きている人にとっては思いつかないような方法で返済を要求しますし、望んでいないのに勝手にお金を貸し付けてくることもあるんです。

返済を拒否すると、精神的に追い詰めるようなやり方で回収にかかってきます。

闇金の手口は?闇金でなぜ借りてはいけないのか?

闇金でお金を借りると怖いとよく言われますが、具体的にどんな怖さがあるのか手口を見ていきましょう。

高利貸し

闇金のオーソドックスな手口になります。金利は利息制限法により設定して良い利率が決められています。

★利息制限法による上限金利

借入金額 上限金利
10万円未満 年20%
100万円未満 年18%
100万円以上 年15%

 
今現在、多くの消費者金融が年利18%を上限金利としていますが、これも利息制限法に基づいた金利になっているんです。

闇金はこんな法律は完全無視です。

よく聞くのが「トイチ」という金利設定ではないでしょうか。トイチは10日で1割の利子がつくということになるので、年利にすると365%になります。

完済させずに利息を搾取

本当に切羽詰まっている人なら、10日で1割の利息がついたとしても「次の給料日に完済できるから今日3万円借りたい!!」と思うかもしれません。

でも、闇金は完済したら終わりという生易しいものではありません。

そもそも完済させてもらえないというケースがあるんです。

完済に必要な金額を聞いて支払ったはずなのに完済できていないと言われたり、事前に一括返済すると連絡をもらってなかったから無効になるなど、なんだかんだと理由をつけて完済させまいとするのです。

闇金がこんなことをしてくる理由は、利息を搾取し続けるためです。
短期間で完済されるよりも、10日に1回1割の利息を取り続けた方が闇金にとっては儲けが出ることになるので完済されると困るのです。

押し貸し

押し貸しは、無理やりお金を貸してくる悪質な方法です。どうやって無理やり貸し付けるのかというと、金融機関口座への振り込みになります。そのため、押し貸しが強行されるパターンとしては、

・口座番号を握られている闇金から振り込まれる
・闇金同士のネットワークで口座番号が流出する
・個人融資掲示板などで口座番号を見ず知らずの人に伝えたことがある
・ネットオークションなどで使えた口座番号が流出した

など。闇金との取引が実際にあった人は狙われやすいのですが、自分がまったく知らないところで口座番号が流れてしまうこともあるのが怖いところです。

紹介屋

紹介屋は手数料狙いの闇金です。

「即日融資可能です」などといって申し込みをさせるのですが、実際はお金を貸すことはありません。「うちはダメだったんですけど、借りられそうなところがあるので紹介します」と、他の闇金を紹介して法外な紹介料を要求してきます。

紹介屋は紹介料が狙いなので、このとき紹介する闇金はまったく関係がない業者ということもあります。借りられそうかどうかも本当はわかっていないのです。

もっと悪質な場合は、申込の際に申告した個人情報を売却されてしまうこともあります。こうやって闇金のネットワークに個人情報が広まってしまうのです。

年金を担保にした融資

高齢者を狙った悪質すぎる手法です。

「年金を担保にしてくれたら現金を貸せますよ」などと言って、年金が振り込まれる口座を握られてしまいます。

振り込まれた年金で完済しようとしても、一括返済は受け付けず利息を払うように要求されてしまいます。

クレジットカードの現金化

クレジットカードで現金を作る悪質な手法です。

まず、クレジットカードで闇金が指定する物を買います。品物はまったく無価値の買い取り専用品で、この物を売っている業者と闇金はもちろんつながりがあります。

闇金はその品物を現金で買い取ります。こうすることで利用者には現金が手に入ることになります。

流れとしては買った品物を売却しただけなので、違法性はないように思えますが、業者がうまく儲かるようになっていますし、現金を手に入れることができてもショッピング枠で借金をしたことも忘れてはいけません。

家具リース金融

家具リース金融は悪質業者に家具を売却して現金を手に入れて、その売った家具を借りる(リースする)という形で返済をするやり口になります。

流れとしては、「家具の売却」と「家具をレンタルして毎月レンタル料を払う」という形になるのですが、毎月支払う利息はもちろん高利となります。

家具の売却のために闇金・悪質業者が家の中に入ってくることもとても怖いことです。

家具リース金融はあまり知られていないかもしれませんが、「公序良俗違反、不法行為に当たる」となった判例もあり、国民生活センターも「巧妙かつ悪質な脱法行為であるといえる」としています。

<参考>:ヤミ金融業者によるいわゆる「家具リース」の違法性 国民生活センター

安心・安全な登録業者なのかを調べる方法

貸金業を営むには必ず内閣総理大臣(管轄する財務局長)または都道府県知事に許可を受ける必要があるので、未登録業者は違法となります。

登録している業者は金融庁のホームページで確認することができるので、名前を聞いたことがないような消費者金融の場合はまず調べてみましょう。

<参考>:登録貸金業者情報検索入力ページ

また、日本貸金業協会への登録も検索で確認することができます。

<参考>:日本貸金業協会 協会員情報

日本貸金業協会への加入は任意となるのですが、誰もが名前を知っているような大手消費者金融はすべて加入していることが確認できます。

金融庁への登録を確認してみよう

例えば、登録貸金業者情報検索入力ページの「商号・名称」欄に「アコム」と入力すると、アコム株式会社の情報がヒットします。

登録番号:関東財務局長(12)第00022号
日本貸金業協会会員番号:第000002号

この登録番号と日本貸金業協会会員番号は、アコム公式サイトに記載されているものと同じなので、アコムは金融庁と日本貸金業協会に登録をしている正規の消費者金融となります。

ちなみに、(12)という数字は、登録を12回更新しているという意味になります。更新は3年ごとに必要なのですが、2018年現在では12回が最も多い更新回数になります。

安心・安全な消費者金融なのかを判断する方法

決して褒められたことではないのですが、闇金や詐欺業者というのは私たちが思いも付かない方法を取るのが非常に上手です。実際、騙されたと気が付くまで大変時間がかかることもあるんです。

本当は違法業者なのに、金融庁へ登録している業者を装ったり、アコムやプロミスといった大手消費者金融の名前で宣伝行為を行っていることもあります。
ですので、名称や登録番号で検索してヒットしたからといって本当に安心とはいえません。

登録番号を調べるのは最低限必要なことですが、それ以外の判断方法もぜひ知っておいてください。

無審査でブラックの人に即日融資をする

正規の消費者金融はブラックの人に無審査で即日融資をすることはありません。

・ブラックでも即日融資可能!
・他社で断られたブラックの人大歓迎!

などといったおおげさな広告を出している業者は確実に怪しいです。

総量規制を守っているか?

個人が借りられる金額は総量規制によって「年収の3分の1まで」と決められています。

おまとめローンなど一部例外となる貸付けはあるのですが、通常の場合消費者金融は債務者がどんなに希望しても年収の3分の1以上を貸してはいけないんです。

利用者にとっても困ることがあるかもしれませんが、借りすぎ・多重債務を防ぐための法なので仕方がありません。

もし、年収の3分の1以上の金額を貸しているような消費者金融があったらそれは違法となります。こんなに貸してくれるなんてありがたい!と思わずに関わらないようにしましょう。

金利を確認する

上の項目でもご紹介しましたが、金利は利息制限法による定めがあるため、正規の貸金業者は年利20%以上の利息を要求してくることはありません。

トイチ、トゴ、トサンといった法外な相場で貸付けをしているような業者は闇金です。

電話番号が携帯

闇金はいつでも事務所を移れるように固定電話を引いていないこともあります。事務所すら構えていないこともあります。

携帯しか持たない闇金を090金融と言ったりするのですが、貸金業を行うには固定電話が必須となるので、携帯で連絡をとってくるような業者は違法となります。

貸付金が少なすぎる・返済期間が短すぎる

闇金がお金を貸す相手はブラック状態でどこからも借りられないような人になります。こういった人に高額融資をしても返してもらえない可能性が非常に高いため、闇金は基本的に少額融資を行います。

「うちは初回は1万円と決まってるからまずは1週間で利息つけて返して」などといった、少額を短期間で返済させるような業者はかなり怪しいです。

大手と思わせる宣伝をしている

たとえばアコムを装った偽の案内ハガキは実在していて、アコム公式サイト内で注意喚起も行われています。こういったハガキに記載されている電話番号には絶対にかけてはいけません。

クレジットカード番号を聞き出そうとする

消費者金融の申し込みにクレジットカード番号は不要です。万が一聞かれるようなことがあったら違法業者を疑いましょう。

手数料を要求される

消費者金融からの借入にかかる手数料は、ATMの利用手数料や振込手数料といった実費のみです。紹介料・登録料・審査費用などがかかることは一切ありません。

ソフト闇金もダメ!

ソフト闇金は登録を行っておらず違法な貸付けは行いますが、闇金のイメージにあるような激しい取り立ては行わない業者です。

もちろん未登録である時点で違法なので、違法な高利貸しという点では闇金と同じです。

ネットを活用しよう

ネット環境があれば、気になる消費者金融の住所、電話番号、口コミなどを調べることができます。ネット情報をなんでも鵜呑みにすることは避けるべきですが、参考となる情報も見つかるはずです。

まとめ:ちょっとでも違法貸金業者かも?と思ったら近づかない!!!

実際に闇金からお金を借りなくても、申込の際に申告した個人情報が悪用される可能性は本当に高いので、申込をしてから闇金だ!と気が付いても時すでに遅しなんです。

少しでも怪しいと感じたら、そういった業者には近づかないのがいちばんです。

闇金業者は大手からは借入ができないようなブラック状態の人を虎視眈々と狙っていて、切羽詰まっている人の心理状態をよく把握しています。

そのため、ブラックの人の中にはお金を貸してくれない銀行や大手消費者金融よりも闇金のほうがありがたいと感じてしまう人もいます。

でもこれは大きな間違いです。

闇金は利息を返せているうちはまだ穏やかな態度かもしれませんが、返済が滞ってしまうと豹変します。

激しい取り立てによって追いつめられるのは債務者本人だけではありません。

闇金からお金を借りると親や兄弟といった家族の情報も握られるので、家族にも精神的に参ってしまうような取り立てがいってしまいます。

もちろん、こういった行為は法律違反なのですが、そもそも闇金は法律に基づくような業者ではありません。

闇金を利用してでもお金を借りたいということは、正規の消費者金融からは借りられない状況ということだと思います。

でも、まずはこの状況の大変さに気が付くべきでしょう。

どうしても返済できない借金の整理には債務整理という方法もあります。困り果てているからといって闇金に手を出すことは絶対にやめましょう。

このページの先頭へ